過度のアルコールで中性脂肪をアップさせないために

過度のアルコールで中性脂肪をアップさせないために

医療

過度のアルコールで中性脂肪をアップさせないために

生活習慣病の入り口にもなるのが、中性脂肪など望まない脂肪が体につくことであり、多くの人が食べるのが大好きで、脂肪とは常に向き合っている状態です。
お酒の席に招かれるシーンが多くなると、酒飲みたちが気にするのは、周囲の人への配慮や接待などよりも、実は脂質や糖質に体重といっても過言ではありません。
アルコールも過度に摂取をしてしまうと、脂肪感の要因にもなりますし、アルコール摂取量に比例して、体内では中性脂肪が増えるのも事実です。
酒好きにとっては中性脂肪が増えるのは困るものの、酒はやめられないという結論に至ります。
コレステロールよりも気を付けるべきなのは中性脂肪であり、過度に中性脂肪が作られると内蔵肥満型を招くのもいけません。
健康診断でも中性脂肪や内臓脂肪などでイエローカードを出されることがありますが、血中の中性脂肪が増えすぎてしまうと、血液がドロドロになります。
血管老化を促進させるので、動脈は硬くなってしまい、脳梗塞や心筋梗塞を招くこともありので、過度の飲酒は控えることです。

お知らせ

一覧

過度のアルコールで中性脂肪をアップさせないために

初めて入院するために医療費について考える必要性

虚血性心疾患は予防をすることができる

アルコールの分解酵素の代謝産物も過度の飲酒で増加